lemoncafe

50代の私が日々体験したこと、思ったこと、考えたことなどをつづっています。

気象病持ちなのです、その対策は、

ラジオ体操のイラスト

今日は朝から体調がイマイチ。お天気が曇り時々雨なのでそのせいかもしれません。私は気象病持ちなのです。

気象病とは、低気圧の影響で自律神経が乱れいろいろな不調を起こすことです。代表的な症状は、頭痛、めまい、など。でも人それぞれによって症状がいろいろあります。私の場合は、頭痛と体がだるいことです。

対策としては、お天気は変えられませんが、行動を少し変えることで過ごしやすくなるそうです。
ポイントは
・体を適度に動かすこと
・生活のリズムを整えること
などです。具体的には、
・散歩や軽く汗をかく運動
・室内では体操など

また、雨の日は副交感神経が優位になりやすいので、太陽が顔を出したら積極的に光を浴びることで自律神経を整えることが出来ます。食事や睡眠などの生活リズムを保ち、おなかを冷やさないことがいいようです。とくに梅雨時は汗をかきにくいので、発汗機能が衰えています。梅雨明けに熱中症になりやすいのはこのためです。
梅雨の時期から汗をかける体にすることが大切だそうです。

私も朝からすごく不調だったのですが、ラジオ体操やストレッチをしてからはだいぶ楽になりました。おかげでこうやってブログを書けています。ラジオ体操とストレッチは日課にしようかなと思います。