lemoncafe

50代の私が日々体験したこと、思ったこと、考えたことなどをつづっています。

パイロットのカクノで文通しています

f:id:apple-mints:20190703200329j:image

私は文通が趣味で、もう10年くらいやっています。

一時は50人くらいの人と文通していましたが、仲たがいしたり、音信不通になった人がいたりで今は20人くらいの人とやりとりしています。

その中でも一番古くからの文通友達への手紙が下書きのままファイルにはさんであるのを見つけました。てっきりお手紙を出したものと思っていたのに、どうやら下書きを書いてその後忘れていたようです。このお手紙はどう返事したらいいのか言葉に詰まってしまって、いつもなら便せんに直接書くのにコピー紙に下書きを何度も書いていたのです。きっと下書きを書くだけで疲れてしまって、ファイルにはさんでそのまま忘れていたのだと思います。そそっかしい私です。相手には悪いことをしました。下書きを元に便せんにお詫びも書いて、ようやく完成しました。切手を貼り、明日ポストに投函してきます。

文通を始めたのは10年ほど前、ミクシーの文通コミュニティでした。「手紙を書くには万年筆だろう」と勝手に思い込んでいたので、早速万年筆を買いました。初めて買ったのはパイロットのプレラだったと思います。

ミクシーをやめて「文通村」という有料の文通コミュニティにも長いこといました。今は文通村もやめ、昔からの文通友達とだけ文通しています。もう今は新規の文通相手は求めていません。あまり増やしてもお手紙が雑になるからです。ゆっくりていねいに文通して行きたいと思うようになりました。

万年筆も高いもの、安いもの、ずいぶん買いましたが、今使っているのはパイロットのカクノです。スーパーで700円で買えます。万年筆に興味がある人には、まずお勧めします。3000円台のプレラと同じペン先を使っていて、ボディが自然に正しい持ち方ができるように六角形をしています。とても書きやすいです。私はひねって書くクセがあるので、カクノやラミーサファリなどが書きやすいのです。ラミーサファリは外国製で個体差が大きいので、個体差が少ないカクノにたどり着きました。何しろお財布に優しいですし。