lemoncafe

50代の私が日々体験したこと、思ったこと、考えたことなどをつづっています。

ウォーキングとアイスコーヒー

f:id:apple-mints:20190626191053j:image

朝一の病院の帰り、イオンウォーキングしようとやってきた。そしたら2階に着いた途端、カフェに吸い込まれてしまいアイスコーヒーを飲む。あまり長居しないで飲み終わったらウォーキングに戻ろう。

ウォーキングに戻り、店内をぐるっと回るコースをいろいろ目移りしながらもとことこ歩いて3階、4階と進み、無事ゴール。1ポイント獲得した。このポイント、もっと上げてくれるとモチベーション上がるのに。

階段を使うもののイオンモールと比べると楽チンなコースで、こんなので運動になるのかと首をひねるものの、家でじっとしているよりはずっといい。本屋の前のベンチで休憩。麦茶を飲んだり汗を拭いたり。ここでしばしブログの記事を書くことにする。いつもカフェを利用していたが、そんな高いお金を使わずここで過ごした方が、天井も高いしゆったりしていて気分がいい。家から持ってきた麦茶を好きなだけ飲めるし、アイスコーヒーも作ってサーモスのボトルに入れて持って来られる。テーブルがないのでノートパソコンは使えないけど、タブレットならOK。

シーンと静まり返っているより、雑多な騒音の中にいる方が落ち着くのはなぜだろう。CDストアから流れてくる今どきの音楽、ゲームコーナーから聞こえてくるいろんな音、カフェで流れている音楽、食器の音、人のざわめき、等等ごった返している。

お昼はマクドでテイクアウトして、他の階の静かなベンチに移動して食べる。気がついたのは、年配の男性がよくベンチに座って読書していること。女性は珍しい。平日の昼間だから仕事リタイアした人かな。で、奥さんに煙たく思われてて一人でベンチで読書してるのかもしれない。図書館よりゆったりできるからね。

さて、食品売り場で無糖アイスコーヒーのペットボトルを物色する。アイスコーヒーって、自作すると氷が大量に必要で、しかもサーモスのボトルに入れる分って見当がつかない。いつもの分量で作ってサーモスに入る分入れればいいんだけど、残ったコーヒーがもったいない。そこで出来合いのアイスコーヒーはどんなものか偵察に来た。するとずいぶん何種類もある。各メーカー出している。値段で勝負のトップバリューとか、味で勝負の「常温でも美味しいアイスコーヒー」とか、水出しアイスコーヒーとか色々ある。とりあえず1本ずつ買って味見してみることに。

帰宅して早速飲んだのは、トップバリューのアイスコーヒー。これでも別にいいかも、という味だった。ただしブラックはおいしくないのでシロップ入れるのが前提。500mlペットボトルで、カップに氷入れてちょうど3杯分だった。ということはだいたいカフェインは240mgぐらいで、マクドでもアイスコーヒー飲んだから今日のカフェインドリンクはおしまい。1日400mgまでと決めているので。なので次の味見は明日以降に。コーヒーが好きなので、ウォーキングにもどうしてもコーヒーを持っていきたいのでした。夏場はアイス、冬はホットです。ホットの方が作るの簡単ですね。